地域ニュース一覧

 東広島市西条町御薗宇の松賀中は1月7日、同校体育館で書き初め大会を行った。豊かな心を育成するための行事の一環として、毎年行われている。  書道家・鵜川稲山さんが講師を務め、書道芸術の素晴らしさ、好きな事を見つけて継続することの大切さなどを話し、模範演技として課題文字の手本を書いた。課題文字は、1年生が「温故知新」、2年生が「感謝する心」、3年生が「生命を尊ぶ」で、生徒らは一字ずつ真剣な表情で書き上げていった。  3年生の松原葵さんは...
 竹原商工会議所(山本静司会頭=写真左)と、東広島商工会議所(木原和由会頭=写真右)はそれぞれ、新年互礼会を開いた。   竹原商議所の互礼会は1月6日、竹原市中央4のグリーンスカイホテル竹原であり、約300人が出席。山本会頭は「一人一人が協力し合うことが大切。アイデアを出し合い、各団体、企業が一致団結して活気ある一年にしたい」とあいさつした。  東広島商工会議所は1月7日、東広島市西条町御薗宇のグランラセーレ東広島で新年互礼会を開いた。約40...
 昨年11月に建物が完成した新東広島市立美術館(同市西条栄町)の開館日と、開館を記念した特別企画展の概要が決まった。  開館日は今年の11月3日(文化の日)で、旧美術館の所蔵する「コレクション展」(仮称)と、「生誕160年記念 グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生」を特別企画展として開く。  コレクション展では、旧美術館が40年間にわたって収集してきた、収蔵作品の約1割にあたる60〜80点を展示。会期は11月3日〜12月27日で、棟方志功や池田満寿夫たち...
 安芸津地区の医療・福祉・防災などの関係機関でつくる「あきつほっと安心ネットワーク」は12月8日、「大田地区ふるさと祭り」で特殊詐欺をテーマにした寸劇を発表し、訪れた90人に注意を呼び掛けた。大田地区住民自治協議会が主催。  同団体は、安芸津地区の医療・福祉・防災などの関係機関が連携して、安心して暮らせる地域を目指して活動しており、その取り組みの一環。「情報課チーム」に加盟している呉信用金庫安芸津支店(同町三津)の職員が演じたのは...
 自動車総連広島地方協議会は、福祉活動の一環として、東広島市西条町の障害者支援施設のNPO法人「きずな」に物置(30万円相当)を寄贈した。「きずな」は就労部門のみ移転する予定で、3月末に施設が完成する移転予定地(同町大沢)に物置を設置。移転予定地でこのほど、物置の贈呈式が行われ、就労部門のサービス管理責任者、水本裕和さんが、同協議会の原田悟議長から物置の目録を受け取った。水本さんは、「就労支援の畑作業で使う作業用器具を収納する場所がなかっ...

特集もっと見る