2018年11月09日(金) 19時02分 UP!!

「日本酒が身近な存在に」 宮地、中村が舞台あいさつ


※再生ボタンをクリックすると拡大して表示されます。


 東広島・西条を舞台にした映画「恋のしずく」が、現在全国の映画館で公開中。同作の舞台あいさつ付き上映が10月28日、T・ジョイ東広島で行われ、出演した宮地真緒、中村優一が登壇した。久しぶりに東広島を訪れた2人は、会場に集まった259人の地元ファンに「帰ってくることができてうれしい」と感謝。
 日本酒をテーマにした同作。宮地は「もともとお酒は好きで日本酒も飲んでいたが、詳しくは知らなかった。撮影中は西条のお店で日本酒を飲み、身近な存在になった」と話した。中村は「これまで日本酒はほとんど飲んだことがなかったが、撮影前日にスタッフやキャストと一緒に日本酒を飲んだ。そのおかげで皆との距離が縮まり日本酒も好きになった。今日は西条の酒蔵を回り、日本酒を買った」と話し、共演者との仲の良さもうかがわせた。
 最後に2人から、「撮影の間はボランティアの炊き出しやエキストラへの参加などたくさんの人が協力してくれた。東広島の人たちの温かさを感じた。ぜひ多くの人に映画を見てほしい」とアピールした。

Jimo通+ TV

自分の課題を克服!すべての声に応えます【IKUEI個別学院】

合格から逆算してしっかり計画を立てて【MANAVIVA】

自分のできる最大限をモットーに!幼児から高校生まで指導【AS進学セミナー】

【Interview】一塗りに思いを込めて【マイスターコーティング竹原店】


CGI-design
">
  • 特集もっと見る