2020年01月16日(木) 15時15分 UP!!

アルミ缶回収で優秀賞 【原小学校】

感謝状を受け取る賀美さん(中央)

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 東広島市八本松町の市立原小が2019年度のアルミ缶小・中学校回収協力者表彰で優秀賞を受賞し、このほど同小で行われた表彰式で、PTAの生活委員、賀美夕子委員長が、同協会の小林裕部長から感謝状を受け取った。アルミ缶リサイクル協会(東京都)が、アルミ缶の回収・活動実績を上げた団体を、一般の部と小中学校の部に分けて、表彰している。
 同小は、保護者が中心となって年2回、アルミ缶や段ボールなどの資源回収に取り組んでいる。原小学校区19地域全戸を対象に資源回収のお知らせを配布。保護者が地域住民宅に出向いて回収したり、住民が直接、収集場所の同小グラウンドに資源物を持参したりしている。同小は、18年1月〜12月で計740`のアルミ缶を回収。児童一人当たりで換算した回収量は、4・68`だった。
 賀美委員長は「地域の方や児童、保護者の協力のおかげで、資源回収の資金を有意義に使うことができ感謝している」と喜んでいた。
 19年度の小中学校の部では、原小の他、吉川小、中央中も優秀賞を受賞した。
(石田)

特集もっと見る