2020年01月18日(土) 10時16分 UP!!

新年の気持ち整える 松賀中学校で書き初め大会

体育館で等間隔に並び、真剣な表情で書き初めに臨む生徒たち

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 東広島市西条町御薗宇の松賀中は1月7日、同校体育館で書き初め大会を行った。豊かな心を育成するための行事の一環として、毎年行われている。
 書道家・鵜川稲山さんが講師を務め、書道芸術の素晴らしさ、好きな事を見つけて継続することの大切さなどを話し、模範演技として課題文字の手本を書いた。課題文字は、1年生が「温故知新」、2年生が「感謝する心」、3年生が「生命を尊ぶ」で、生徒らは一字ずつ真剣な表情で書き上げていった。
 3年生の松原葵さんは「書き初め大会は、新年の気持ちを整える伝統的な行事。習字は苦手だが、今までで一番うまく書けた」と話していた。
(小松)

特集もっと見る