地域ニュース一覧

 広島大学は2月10日、同大東広島キャンパス内の福山通運小丸賑わいパビリオンで留学生交流会を開いた=写真。「新型コロナウイルスの感染が拡大している中で、不安で孤立している留学生が多いのではないか。元気づけたい」と越智光夫学長が提案。同大留学生約90人が参加した。  同大敷地内にあるマーメイドカフェで作られたサンドイッチやフライなどの軽食が振る舞われ、保健管理センターの日山亨准教授が、正しい手洗い方法を指導する場面もあった。  中国から留学...
八本松町飯田のパティスリー Cent Neuf(ソンヌフ)でも味わえるバスクチーズケーキ。 クリームチーズとサワークリームを使用し、濃厚でなめらかなのに、 さっぱりとしたチーズケーキに焼き上げています。 ホール(12cm)1,620円(税抜1,500円) カット432円(税抜400円) ぜひご賞味ください。 ▼店舗情報 https://www.jimo2.jp/shop/?sid=1205
「東広島小学生将棋大会」が2月8日、高屋町杵原の高屋西地域センターで開かれた。広島大学将棋部の部員でつくる大会実行委員会の主催で、昨年度に続き2回目。今年は、初級とアマチュア5級以上が参加する上級の2部門に市内外から約50人が出場して、熱戦を繰り広げた。  初級は8組、上級は6組に分かれて予選リーグを戦い、2勝した子どもたちが決勝トーナメントに進んだ。対局が始まると、会場内には「パチン、パチン」と盤を打つ音が響き渡り、子どもたちは一手...
 黒瀬地区の小学校と西条町の板城小に通う女子児童でつくる上黒瀬女子バレーボールクラブが、3月27日から岐阜県で開催される「第18回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」に初めて出場する。昨年11月と12月に広島市内であった県大会で初優勝し、県代表として全国に挑むことが決まった。上黒瀬は、昨年夏の全国大会で念願の初優勝を果たしていて、チームのメンバーは「夏春2連覇を目指す」と意気込んでいる。  県大会には県内から75チームが出場。上黒瀬は、3回...
 昨年秋にオープンした和//洋 創作dining悠は、デザートのバリエーションを増やし、好評。新作の自家製「カタラーナ」は、カスタードの上にパリパリのカラメルがトッピングされた新食感スイーツ。冬季限定の「生チョコ大福バニラ添え」「ミニマカロン2個セット」も人気。現在、自家製プリンを試作中。「3月中旬頃にはメニューに仲間入りする予定です。お楽しみに」と店長。  夜は、日・月・火曜日限定のお得なディナーセットをスタート。有機野菜のサラダ、前菜、パ...

特集もっと見る