「山口啓介 後ろむきに前に歩く」

【日にち】06月08日(土)〜09月04日(水)

【時間】10時〜17時(入館は閉館の30分前まで)

【場所】広島市現代美術館

【お問い合わせ】082(264)1121

 水美術家、山口啓介は方舟を描いた大型の銅版画作品で1989年にデビューし、以後は花や種子、人体とモチーフを変化させながら絵画や立体作品も多く手掛けている。「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろ向きに前に進んでいるようなものだ」と語る山口。回顧展となる本展では新作3点も展示する。観覧料は一般1000円、大学生700円、高校生・65歳以上500円、中学生以下は無料。

【休館日】月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)
写真=《Calder Hall Ship-ENOLA GAY》1994 西宮市大谷記念美術館蔵

表示:モバイル | パソコン