2017年12月15日(金) 11時14分 UP!!

浜辺の宴会シーンなど撮影 「家族はつらいよ」大崎上島でロケ

11月28日に行われた 会見と撮影の様子

※再生ボタンをクリックすると拡大して表示されます。


 山田洋次監督の最新作映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよV」の撮影が11月28日、大崎上島町で行われ、この日で撮影がクランクアップした。山田洋次監督と出演者の橋爪功さん、吉行和子さんが映画への思いを語った。
 物語は平田家で起こる日常の騒動を描いた家族のコメディー。今回は主婦への賛歌がテーマとして描かれている。大崎上島町のロケでは、出演者の橋爪功さんと吉行和子さんが演じる夫婦が夫の古里である同町で墓参りをする場面や、親戚らとの浜辺での宴会の場面を撮影。町民たちもエキストラとして16人が参加した。同町商工会女性部はみそ汁の炊き出しでサポート。同町商工会の渡川誠之課長は「町の活性化につながれば」と映画に期待を込めた。
 撮影後は、山田洋次監督と橋爪さん、吉行さんが映画への思いを語った。同町をロケ地に選んだ理由について山田監督は「橋が架かってないことや風景や町のたたずまいなど総合的に見て一番良かった」と話した。
 映画は10月3日にクランクイン。来年5月に全国公開される。(石田)

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須恵二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る