2018年06月06日(水) 15時19分 UP!!

オリジナルカクテル「桜花爛漫」考案 中国大会で3位入賞

「桜花爛漫」をグラスに注ぐ中山さん

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 カクテル作りやフルーツ・カッティングなどバーテンダーの技能を競う「第45回全国バーテンダー技能競技中国統括本部大会」が4月22日、岡山県倉敷市で行われ、東広島市西条岡町にあるBAR enishiのバーテンダー中山佳子さん(26)がエリートバーテンダーカクテルコンペティションで3位に入賞。同部門には中国5県から9人が出場し、中山さんは5度目の出場で初入賞。
 中山さんのカクテル名は「桜花爛漫」。ベースは広島県産の原料にこだわった中国醸造(廿日市市)のジン「桜尾」を使用。ライチのリキュールやワイルドベリーシロップ、レモンジュースなどを加え、桜色でさっぱりと甘酸っぱいカクテルに仕上げた。広島初のクラフトジンを使って日本的で女性的なオリジナルカクテルを作りたいと、BAR enishiの大谷亮オーナーと一緒にレシピを考案。
 中山さんは、2月の東広島支部予選でも優勝しており、6月17日に東京で開かれる全国大会に6度目の挑戦。中山さんは「6年やってきて今が一番いい流れ。大会で手応えを感じたのは初めてだったので、このまま全国大会でも上位入賞を狙いたい」と笑顔で話していた。(茨木)

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須圭二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る