2019年07月18日(木) 18時38分 UP!!

125人が自慢の歌声披露【東広島歌謡祭】

大賞を受賞した熊野町から参加の碓井幸江さん

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


今年で28回目となる「2019東広島歌謡祭」(東広島歌謡連盟主催)が6月30日、東広島市市民文化センター・アザレアホールで開かれた。125人が参加し、自慢の歌声を披露した。
 審査員は同連盟の道岡啓三さんたち5人が務めた。大賞を受賞したのは熊野町から参加した碓井幸江さん(64)で「小学校の頃に都はるみさんを好きになって、歌ってきた。歌を習い始めて25年がたった。大賞が取れ本当にうれしい」と喜んでいた。
 同連盟の永井清八郎会長は、「年々皆さん上達され、回を重ねるごとに審査も難しさが増しています。歌うことは健康のためにも良い。歳を重ねても日頃からの練習で、声は出るんですよ」と話していた。
(奈須)

 結果は次の通り(敬称略)。【一般の部】大賞=碓井幸江、金賞=川合静夫、銀賞=近藤浩子【シニアの部】(66歳以上〜72歳以下)優勝=小坂美津恵【グランドシニアの部】(73歳以上)優勝=藤田勝治

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須圭二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る