2019年12月11日(水) 11時52分 UP!!

清掃活動が500回目 ボランティア団体「夢拾い」


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 清掃ボランティアネットワーク「夢拾い」(上野和浩代表)は11月16日、500回目となる清掃奉仕活動を行った。34人が参加し、朝4時45分から約2時間、JR西条駅周辺や酒蔵通り、ブールバールに落ちている空き缶、たばこの吸い殻などを拾って歩いた。
 同団体は、毎週土曜日午前4時45分から活動しており、これまでの参加人数は6858人。2010年7月3日に3人でスタートした。上野代表は「東広島市が美しい街であり続けるよう、活動の輪が広がっていけば」と話していた。
(村岡)

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須圭二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る