2019年12月13日(金) 10時01分 UP!!

地域住民の力作500点展示 地元出身の伝統工芸士も出品


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 河内地区の住民らが日頃の活動の成果を披露する「河内地区文化展」がこのほど、河内町中河内にある河内地域センターで開かれ、両日で約500人が来場した。自治組織「you愛sunこうち」が主催。
 会場には、周辺の小・中・高等学校に通う児童・生徒や地域住民たちの、書道、絵画、陶芸、写真などの作品約500点が展示された。同センターに隣接する立栄寺にあった幼稚園を、昭和36・37年度に卒園した園児らの作品も披露され、来場者からは当時を懐かしむ声が聞かれた。今年は「県外で活躍する、すごい地元出身者がいることを知ってもらいたい」と、河内町出身の伝統工芸士、藤田瑞古さん(75)の京焼・清水焼など12点の作品も展示。藤田さんは、高校を卒業後に京都市の親戚が営む製陶所に入社して腕を磨いた。2009年に伝統的工芸品産業功労者褒章を受章。現在は京都市内に窯を構える。
 「you愛sunこうち」の大東栄二郎さん(74)は「1年間の活動の集大成で地域のみんなが楽しみにしている催し。たくさんの人に藤田さんの存在を知ってもらえたのでは」と喜んでいた。
(茨木)

Jimo通+ TV

今週のジモ通ニュースは?「コロナ」「ゆめタウン東広島」【2020.8.5 後編/新聞記者のひとり言】

プレスネット8/6号のニュースは?「SDGs東広島市が選定」「新型コロナウイルス対策」「黒瀬商工会 また来る券」【2020.8.5 前編/新聞記者のひとり言】

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

【動画でチェック】デザイナーが関わっている機能性重視の住宅

特集もっと見る