2020年02月10日(月) 09時34分 UP!!

バリアフリー化されたののやま矯正歯科医院


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 昨年11月、JR西条駅前から西条町御薗宇に移転オープンした。以前は2台分しかなかった無料の駐車スペースを21台分に拡大、患者からの評判が良いという。
 国道375号に面した医院は、白を基調にした木造2階建て、延べ床面積約590平方b。待合スペースから診察室の一部にかけて大空間の吹き抜けが広がり、開放的な雰囲気が漂う。
 待合スペースには旧医院の約3倍の広さのキッズスペースを設けた。廊下は車椅子やベビーカーがすれ違える広さで、ユニバーサルトイレも完備。医院全体をバリアフリー化した。
 野々山医院長は「1日に40〜70人の診察を行っており、子ども連れの人、孫に付き添う高齢者などさまざまな人が来院する。皆さんにより快適な環境で診察を受けてもらえるように工夫した」と話す。ゆったりと治療を受けてもらいたいと、診療スペースも広くした。
 県内でも有数の「外科矯正を行う矯正歯科医」としても知られる野々山院長。「時間とコストはかかるが、より健康な人生を送るためにも、10年後20年後に、『しもうたな!』と思うような残念な治療は受けてほしくない。これからも最高のゴールを設定して、そこに近づけるように患者の悩みに寄り添いながら治療していきたい」と語る。
(茨木)

特集もっと見る