2020年05月29日(金) 19時27分 UP!!

給付金に便乗した不審者が!


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


10万円の給付金に便乗した不審者が現れ、広島県警は注意を呼び掛けています。

以下、広島県警メルマガの内容を共有します。

--------------------------------
特別定額給付金の給付に便乗して,個人宅を訪問する不審者が現れましたので,ご注意ください。

【不審者の特徴】
スーツやワイシャツを着たサラリーマン風の男性

【不審者の言動】
役所の職員を名乗り
「コロナ給付金はもらいましたか」
「手続は私に任せて」
「特別定額給付金の書類を書いて」
などと言いました。

被害者が,不審に思い警戒したため,不審者は,お金を要求したり個人情報を記載させたりすることはなく,立ち去っています。

【今後予想される手口】
「手続のために必要」などと言い,キャッシュカードをだまし取る
書類に名前や口座番号などを記載させて,個人情報を不正に入手する

【被害にあわないために】
○役所の職員などが,給付金の手続のため,キャッシュカードを預かることはありません。
○来訪者への対応は,いきなり玄関を開けるのではなく,まずインターホン越しに行うなど慎重に行いましょう。
○相手が役所の職員を名乗って訪問してきても,必ず身分証などを確認しましょう。
○少しでも「怪しいな」と思ったら,すぐ警察に通報してください。

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須恵二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る