2020年07月02日(木) 15時44分 UP!!

新型コロナウイルス感染症対策「感謝と応援寄付金」


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、生活に困窮している人や、医療や福祉など、最前線で働いている人たちを支援するために東広島市が募集をしている「感謝と応援寄付金」への寄付金額が、このほど1000万円を超えた。同寄付金は、5月15日に募集を開始。6月24日時点で124件、1086万3784円になっている。
 
 集まった寄付金は、医療機関や高齢者・障害者施設などの従事者への慰労金、市内医療従事者などを慰労するための広島交響楽団のコンサート開催、外出自粛や臨時休業により体を動かす機会が減少した小学生親子を元気づけるためにサンフレッチェ広島によるサッカー教室の開催などに使用される。6月末まで行われた東広島医療センターへの弁当提供にも使われた。今後も、寄付目的に応じて事業を実施する予定。

同寄付金は引き続き募集している。
詳しくは市のホームページ
https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/

Jimo通+ TV

今週のジモ通ニュースは?「コロナ」「ゆめタウン東広島」【2020.8.5 後編/新聞記者のひとり言】

プレスネット8/6号のニュースは?「SDGs東広島市が選定」「新型コロナウイルス対策」「黒瀬商工会 また来る券」【2020.8.5 前編/新聞記者のひとり言】

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

【動画でチェック】デザイナーが関わっている機能性重視の住宅

特集もっと見る