2020年07月09日(木) 18時40分 UP!!

コロナ禍を好機に地元トマトを使用、ソースを開発


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 鮮魚や総菜を取り扱う大浦鮮魚店(東広島市安芸津町風早、大浦充弘店長)がこのほど、看板商品のコロッケにかけるソースを開発、試食会を7月8日、同市西条岡町の「ミライノ+」で行った。

 同店は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月の売り上げが激減。窮地を打開するため、5月上旬、プロフェッショナル人材活用事業を活用し、飲食コンサルタントの助言を受けながら看板商品のコロッケにかけるソースを開発することにした。安芸津産のトマトをベースに使用しながら、3種類の試作品を作った。
 
 試食会には大学院生やフリーライター5人が参加。用意されたコロッケ弁当に3種類の試作ソースをつけて食べ比べをした。試食会に参加した大学院の片山拓実さん(23)は「いろいろなソースの味が楽しめた。中にはカレー風味のソースがとても美味しかった。若い世代にもきっと受け入れられると思う」と話していた。

 大浦店長は「新商品の開発がスタッフの元気につながっている。たくさんの人に食べてもらいたい」と笑顔で話している。

 新商品のソースが付いたコロッケ弁当(650円)は7月21日に発売予定。

Jimo通+ TV

今週のジモ通ニュースは?「コロナ」「ゆめタウン東広島」【2020.8.5 後編/新聞記者のひとり言】

プレスネット8/6号のニュースは?「SDGs東広島市が選定」「新型コロナウイルス対策」「黒瀬商工会 また来る券」【2020.8.5 前編/新聞記者のひとり言】

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

【動画でチェック】デザイナーが関わっている機能性重視の住宅

情報とってだし!!

  • 現在、情報がありません。

特集もっと見る